« ☆Can't take my eyes off you☆ | トップページ | ☆I.G.Y.☆ »

2014年9月 2日 (火)

☆How Long☆

☆How Long by ACE☆

久しぶりに、僕はこれまで2回Liveに行った世界最高の
ストラトギタリスト、Eric Claptonの最近の動画を見た。
僕が言うまでもなく、改めて最高!!!
Claptonは、とくにソロ以降ずっと変わり映えしない、時につまらない
ギタープレイ、などという世間の意見を聞いたことがあるが、
それは違うということを再認識。
確かにClaptonより速く、難しいフレーズを弾けるギタリストは
プロアマ問わずたくさんいるだろう。
しかし、Claptonと同じような情感たっぷりにギターを弾ける人は
世界広しといえど誰もいない。
ジミヘン、レイヴォーン、BB、ジェフベックでも同じニュアンスを
弾かない、あるいは弾けないと言ったほうがはっきりする。
再認識できる。あまりにも最高!!!
アラ70になってもギターならびにヴォーカルは健在だ!!!
話しを本題に戻すと、How Longという曲は、僕が中学の頃に音楽に興味を抱き、
その時分にラジオから流れ、なんていい曲だと思い、
録音して何度も聴いていた曲。
ずーっと、すっかり僕は忘れていた曲を、ClaptonがLiveで
やっているではないか!?しかもかっこよすぎ!!!
Timelyな曲だとその当時思っていたら、今回調べると1974年の曲。
作詞作曲 歌はPaul Carrack。改めて天才だ。
今聴けば分かるのだが鍵盤はローズなんだね。
Paulは原曲の頃の若い時分より、むしろ現在の還暦を過ぎたにも
かかわらず、声量と歌心に磨きがかかった今のヴォーカルの方が
かっこいいと思うのは僕だけだろうか。
素晴らしすぎる。
50年に渡り世界第一線で活躍し続ける、そのようなmusicianは
ほんの一握り
今もなお活躍し続ける生きるLegend Claptonと最近一緒にツアーを回り、
名曲中の名曲であるHow Longが完璧なまでに蘇った
好きな方はずっと好きですから、
蘇ったという言い方は間違いなのかも。すみません。
ローズの音色、ベースラインのsimple is bestなフレーズ、
motownを想わせるリズムに雰囲気、Donald Fagenが
好みそうなギターソロのフレーズ、ギターカッティングもいい、
とまあ、バックもまたいい。
名曲を本人であるPaul Carrack、そしてLegend Claptonが
一緒に演奏しているのを聴けてとにかく幸せ。
☆弾き語りのお知らせ☆
9/15(月祝)ならびに28(日)の19:30からいつもいつもお世話に
なっています渋谷 Wasted Timeさんにて弾き語りさせていただきます。
素敵な対バンの方々と共に
是非是非見に来てくださいませ。
How Longを始め、my favoriteな音楽に感謝感激です

« ☆Can't take my eyes off you☆ | トップページ | ☆I.G.Y.☆ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/254451/57252070

この記事へのトラックバック一覧です: ☆How Long☆:

« ☆Can't take my eyes off you☆ | トップページ | ☆I.G.Y.☆ »

フォト
無料ブログはココログ